地球くんの「今日は何の日?」
回文の日

回文の日

回文俳句を手がける俳人の宮崎二健が制定。回文とは、「竹やぶ焼けた」など、はじめから読んでも終わりから読んでも同じになる文章で、12月21日が「1221」と回文のようになっていることからこの日が選ばれた。江戸時代にも仙台に回文を詠む回文師が存在した。

2022 12
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31