地球くんの「今日は何の日?」
成層圏発見の日

成層圏発見の日

6月8日は「成層圏発見の日」。1902(明治35)年6月8日、フランスの気象学者テスラン・ド・ボールが観測用の気球をあげて、大気中の気温変化から成層圏を発見したことに由来する。

成層圏は地球の地表から高さ約10キロメートルから50キロメートルの大気の層のことで、高さ約10キロメートルまでの対流圏と、高さ50キロメートルから80キロメートルまでの中間圏の間に位置する。

2017 6
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30