地球くんの「今日は何の日?」
書き初め

書き初め

書き初め(かきぞめ)は、年が明けて初めて書や絵をかく行事で、一般的には1月2日に行われることが多い。現在では、新年の目標を書いたり学校の課題として書いたりすることが多いが、もともとは、元旦の早朝に汲んだ神聖な水「若水」で墨をすり、年神様のいる恵方に向かって詩歌をかくという宮中行事に由来する習慣であった。

寺子屋教育の普及が進んだ江戸時代、学校で習字が必修になった明治時代以降にだんだんと庶民にも広がって現在の習慣に至った。書き初めでかいたものは、火祭りの行事である左義長・どんど焼きで燃やし、炎が高く上るほど字が上達するとされている。

2015 1
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31