地球くんの「今日は何の日?」
大晦日

大晦日

12月31日は「大晦日」。「晦日(みそか)」はもともと「みそか(三十日)」と書き、「月の三十日目」を意味していたが、転じて月末を表すようになった。ここから年内で最後の晦日を「大晦日」と言うようになり、新年に「年神様(としがみさま)」(正月様)を迎えるための行事として定着した。

年神様は神道に伝わる稲の神、稲の実りをもたらす神。大晦日の行事は平安時代頃から行われていたとされるが、仏教の広がりとともに除夜の鐘をつく習慣も生まれ、現在では各家庭で「年越しそば」を食べるなどの風習がある。

2014 12
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31