地球くんの「今日は何の日?」
冬至

冬至

冬至は太陽の位置が1年で最も低くなる日であり、日本の位置する北半球においては、1年で最も昼が短く夜が長くなる。夏至(1年で最も昼が長く夜が短い)と比べると、日照時間は東京で約4時間40分もの差がある。

冬至は太陽の光が最も弱まる日であり、多くの文明でこの日を境に太陽が生まれ変わると考えられてきた。そのため太陰太陽暦(旧暦)では、この日を起点として暦を計算した。ヨーロッパでは、太陽の復活を祝うこの日とキリストの誕生日が結びつきクリスマスになったとも言われている。また、日本ではゆず湯に入る習慣もあり、これには運を呼込む前の厄払いの禊としての意味がある。

2014 12
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31