地球くんの「今日は何の日?」
ナスカの地上絵が世界遺産に

ナスカの地上絵が世界遺産に

1994年12月17日、「ナスカの地上絵」として知られる「ナスカとフマナ平原の地上絵」がユネスコの世界文化遺産に登録された。「ハチドリ」、「コンドル」、「クモ」など、地上に描かれた数々の巨大な絵は、1939年6月22日アメリカ人考古学者ポール・ソコック博士によって発見されたが、未だにその詳細は謎に包まれている。

おおよそ紀元後から約800年にわたって栄えたナスカ文化の時代に描かれたとされ、その目的は天文観測や日暦のためという説から、雨乞い説や地下水脈説、社会事業説、宗教説、と言った様々な説が存在する。

2014 12
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31